機器部門RI部門配置図セミナー産学連携学内向け
配置図配置ガイド

自動現像装置

装置の写真

設置機器メーカー 型式

(富士フィルムメディカル株式会社製)CEPROS SV

仕 様

形式:対抗配列ロラー搬送方式
処理時間:現像から乾燥までSP処理時:60秒 RP処理時:100秒
処理フィルム:直接撮影用Xーレイおよび画像記録用シートフィルムカビネ〜半切(縱通し)
処理能力:SP処理時 四切り 226枚/時、RP処理時 四切り 134枚/時
処理タンク容量:現像5.8L、定着5.9L、水洗4.7L
標準処理温度:SP処理時 現像35℃ 定着35℃ RP処理時 現像32℃、定着35℃
水洗水量:3L/分
温度調節:自動温度調節
充填方式:直前混合充填方式
専用処理薬品:富士自動現像機用処理セット CE-D・F4
電源:200V 24A 50/60Hz
外寸法:幅650×奥行817×高さ1130mm
使用環境条件:温度10℃〜30℃ 湿度30%〜80%RH

注意事項

長時間の予約をしないこと。

設置場所

2階 暗室
3階301号室に移転しました。

担当者

岡 本(TEL 2300)

学内向け

詳細はこちら

前へ 先頭へ
Copyright (C) Central Research Laboratory. All right reserved.since 1996/2/1

Last Updated 2005/8/3