TOPページに戻るサイト内を検索するサイトマップリンク
機器部門RI部門配置図セミナー産学連携学内向け
過去のセミナー支援センターセミナー支援センター特別講習会支援センターテクニカルセミナー支援センター交流会

第130回実験実習支援センターセミナー


マレーシア国民大学と滋賀医科大学による高齢者認知障害の国際共同研究
International Collaborated Research on Age-related Cognitive Decline between National University of Malaysia and Shiga University of Medical Science

日 時

令和2年3月18日(水)16:00〜

場 所

基礎研究棟2階 教職員ロビー

講演要旨

 マレーシア国民大学医学部と滋賀医科大学神経難病研究センターは、2014年から高齢者の認知機能障害に関する国際共同研究を推進し、これまでに共同研究の成果を7編の国際学術論文として発表しています。今回、マレーシア国民大学側の研究担当者であるWan Zurina Wan Ngah名誉教授とHanafi A. Damanhuri准教授をお迎えし、これまでの国際共同研究の成果を発表していただきます。なお、この講演は英語で開催されます。
                         (文責:神経難病研究センター 遠山育夫)

  1. Molecular Aspects of Age-Related Cognitive Decline
     Wan Zurinah Wan Ngah, Professor Emeritus,
     Faculty of Medicine, Unversiti Kebangsaan Malaysia
  2. A System Integration Multi-Omics Analysis On The Effects of Tocotrienols Supplementation In Alzheimer’s Disease Mouse Model
     Hanafi A. Damanhuri, Associate Professor
     Department of Biochemistry, Faculty of Medicine, Universiti Kebangsaan Malaysia


           神経難病研究センター神経診断治療学部門・実験実習支援センター 共催


 本セミナーは、大学院博士課程「医学総合特論」の認定セミナーです 

前へ 先頭へ
Copyright (C) Central Research Laboratory. All right reserved.since 1996/2/1

Last Updated 2020/1/10