機器部門RI部門配置図セミナー産学連携学内向け

はじめに

センター長
等 誠司
生理学講座統合臓器生理学部門


 実験実習支援センターは、2005年4月に、実験実習機器センターと放射性同位元素研究センターを統合して発足しました。当センターは、学内共同利用施設で、学部・大学院学生および研究者への教育・研究支援を行っています。従来の実験実習機器センターと放射性同位元素研究センターは、それぞれ実験実習支援センターの機器部門、RI部門となりました。
 当センターは、遺伝子組換え実験、ウイルス実験、X線照射および透視実験、低温実験、動物実験、放射性同位元素実験等を行う共同利用実験室と、DNAシーケンサー、プロテインシーケンサー、電子顕微鏡、質量分析計、フローサイトメーター、液体シンチレーションカウンター、γ-カウンター等の共同利用機器を設置し、教育的、技術的支援を行っています。その使命を果たすべく、併任のセンター長の下に、専任の教官(准教授)と技術職員が配置されています。
 教育・研究支援のために、大学院生・研究者を対象とした実験実習支援センター特別講習会を毎年開催しています。この講習会は、医学総合特論(大学院特別講義)集中講義として大学院のカリキュラムに組み入れられています。
 また、国内外の第一線で活躍する研究者を招いて、最新の研究成果に基づく講演を実験実習支援センターセミナーとして通算114回開催しています。
 さらに、最新の技術を学内の研究者に紹介するために、実験実習支援センターテクニカルセミナーを開催しています。
 これらに加えて、それぞれの分野で活躍する学内の研究者の研究交流を図り、学内の研究レベルの向上を目指して、実験実習支援センター研究交流会を開催しています。
 実験実習支援センターは、共同利用の施設・機器を設置するとともに、様々な講習会やセミナーを開催して滋賀医科大学の教育・研究活動を支援しています。  

沿 革

1974 年(昭和49年)10月 滋賀医科大学開学
1975 年(昭和50年)11月 共同研究棟運営委員会発足
1976 年(昭和51年) 1 月 第1回共同研究棟運営委員会開催
1976 年(昭和51年)11月 共同利用棟竣工
1978 年(昭和53年) 3月 放射性同位元素研究センター竣工
1978 年(昭和53年) 6月 共同研究センター発足
1978 年(昭和53年) 9月 放射性同位元素研究センター運営委員会発足
1981 年(昭和56年)12月 排水処理施設防寒壁完成
1982 年(昭和57年) 4月 医学部附属実験実習機器センターに名称変更
1983 年(昭和58年) 6月 RI有機廃液焼却装置使用承認
1987 年(昭和62年)11月 増築部竣工
1991 年(平成 3 年) 9月 実験センターガイドブック第1版刊行
1994 年(平成 6 年) 3月 新館増築
1997 年(平成 9 年) 5 月 CD-ROM 版実験センターガイドブック上梓
2004 年(平成16年) 4 月 国立大学法人滋賀医科大学へ移行(法人化)
2005 年(平成17年) 4 月 実験実習機器センターと放射性同位元素研究センター統合、実験実習支援センター(機器部門、RI部門)に名称変更
滋賀医科大学
機器部門
RI部門

運営と組織について

運営および組織
 実験実習支援センターは、センター長(併任)1 名、 専任准教授1名、助手1名、技術職員7名、事務補佐員1名で、センターの運営を行っています。
 センターは、放射性同元素を取扱う共同利用施設のRI部門と大型の共同利用機器が設置されている機器部門からなっています。センターの運営に関する重要事項は、センター長、専任准教授、センター職員数名、利用者会議世話人代表、その他の教職員で構成される実験実習支援センター運営委員会で審議をされます。
 センターの利用に関する種々の意見が反映されるように、それぞれの部門には利用者会議が設置されています。利用者会議は、すべての利用者が参加することができ、新規購入希望機器、更新希望機器、センターの利用および運営等に関する意見を述べることができます。また、各教室の利用者の代表である連絡委員の互選によって選出された世話人は、利用者会議の議長として利用者会議の意見をまとめます。さらに、利用者会議世話人の代表は、運営委員として運営委員会に出席し、利用者の代表として利用者会議の意見を述べます。
 以上のように、センター利用者の意見がセンターの運営に強く反映されるシステムとなっています。


前へ 先頭へ
Copyright (C) Central Research Laboratory. All right reserved. since 1996/2/1

Last Updated 2017/4/1