機器部門RI部門配置図セミナー産学連携学内向け
配置図配置ガイド

動物用エックス線透視室


室内設備

利用方法

この実験室は、登録利用者のみが入退室できる電子錠システムにて管理しています。
初めて利用される際は、事前に実験実習支援センター事務室にて職員証の登録をしてください。

注意事項

  • 実験中は出入口を施錠し、みだりに入退室しないこと。
  • 個人被曝線量計を身体の所定の位置に装着し、被曝線量をできる限り少なくするように努めること。万一大量に被曝したり、被曝したおそれがあるときは、主任者に速やかに報告すること。
  • 実験終了後は、整理整頓を行い、退出時チェックリストによりチェックを行い、必要事項を記入すること。
  • 最後に出入口を施錠し、鍵、個人被曝線量計、退出時チェックリストをすみやかに実験実習支援センター4階 共同利用実験室(419号室)に返却すること。

場 所

実験実習支援センター増築部 1階 105号室(TEL 2301)

担当者

山元 武文(Takefumi Yamamoto)(TEL 2304)
森 康博(Yasuhiro Mori)(TEL 2307)

前へ 先頭へ
Copyright (C) Central Research Laboratory. All right reserved. since 1996/2/1

Last Updated 2005/7/13