TOPページに戻るサイト内を検索するサイトマップリンク
機器部門RI部門配置図セミナー産学連携学内向け
過去のセミナー支援センターセミナー支援センター特別講習会支援センターテクニカルセミナー支援センター交流会

第30回支援センターテクニカルセミナー


ウェスタンブロッティングの検出技術とその最新情報
〜Typhoon・ImageMasterVDS−CLをお使いになられる方へ〜

演 者

石田 友紀 (GEヘルスケアバイオサイエンス株式会社)

日 時

平成18年10月12日(木)15:00〜17:00

場 所

基礎研究棟2階 教職員ロビー

プログラム

 13:00〜15:00 CCDカメラタイプのイメージャーIQIの紹介・デモンストレーション
 15:00〜17:00 セミナー
 17:00〜18:00 CCDカメラタイプのイメージャーIQIの紹介・デモンストレーション

セミナー内容

 ・ウェスタンブロットの原理から実験の流れ、実験のトラブルシュート
 ・ECLおよび抗体の選択のポイント
 ・ウェスタンブロット後の検出方法とイメージング機器のご紹介
 ・ウェスタンブロットと蛍光アプリケーション
 ・2D-DIGEとウェスタンブロッティングの多重解析例など

概要

 ウェスタンブロッティングは特定のタンパク質の発現解析やリン酸化をはじめとした特定部位のタンパク質修飾の検出を特異的かつ高感度に行う手法として幅広く利用されています。本セミナーは泳動による分離からブロッティング、抗体反応、そして検出までのウェスタンブロッティングの流れを分かりやすく説明します。実験実習室に設置されているイメージング装置Typhoon、ImageMasterVDS−CLの有効なご利用方法もからめて紹介します。ウェスタンブロッティングをこれから始めたい方からすでに行なわれている方まで幅広くお役にたてる内容になっています。セミナーの前後で、教職員ロビーにて新販売のCCDカメラタイプのイメージャーの紹介・デモンストレーションも行います。また、サンプルを実際に試されたい方は、ナカライテスク株式会社橋本までご連絡ください。

前へ 先頭へ
Copyright (C) Central Research Laboratory. All right reserved.since 1996/2/1

Last Updated 2006/10/2