TOPページに戻るサイト内を検索するサイトマップリンク
機器部門RI部門配置図セミナー産学連携学内向け
過去のセミナー支援センターセミナー支援センター特別講習会支援センターテクニカルセミナー支援センター交流会

第65回支援センターテクニカルセミナー


大腸菌、酵母、植物、哺乳類細胞での遺伝子発現を改善する,“コドン最適化”デザインアルゴリズムのご紹介
DNA2.0 presents research on Codon Optimization
to improve gene expression in E.coli, Yeast, Fungal, Plant, and Mammalian hosts

セミナー

演 者:Louise Rafty, Ph.D (Sales Director, DNA2.0 Inc)

日 時:平成23年12月6日(火)15:00〜

場 所:基礎研究棟2階 教職員ロビー

概要

治療薬や研究試薬、分子ツールとして用いられるタンパク質の生産は、異種宿主での発現に依存しています。タンパク質発現では、配列情報が簡単に得られる為に合成遺伝子が使われることが増えてきています。タンパク質コード配列は通常、発現を高めるためにリ・デザインされます。しかしながら、実験的にこのデザイン原理が立証されているわけではありません。そこでこのセミナーでは、高レベルのタンパク質発現をエンコードする合成遺伝子を確実にもたらす、新規の遺伝子リ・デ ザインアルゴリズムの最近の動向についてお話させていただきます。DNA2.0 社では、画期的な研究により、タンパク質を最大限に発現させるコドンのデザイン原理を確立しました。驚くべき結果が最近、PLoS ONE 4(9): e7002 で発表されました。それらの結果に基づいて DNA2.0 社は、非常に優れた発現収率をもつ合成遺伝子を研究者の皆様にご提供する一連のデザインアルゴリズムを作りだしました。この新しい DNA2.0 アルゴリズムは、高度に過剰発現した合成遺伝子の実験データをもとにしています。DNA2.0 は、大腸菌、酵母、哺乳類細胞、真菌、植物といった宿主において最適な発現ができるようアルゴリズムを開発しました。DNA2.0 社(www.DNA20.com)は、合成ゲノミクスのリーディングカンパニーで、米国国立科学財団(NSF)が出資しています。DNA2.0 社はこれまで、何百万塩基対をも合成して、何千もの研究者の皆様に遺伝子を供給してまいりました。DNA2.0 社によってマーケットにもたらされるツールとアプリケーションは、バイオロジーをエンジニアリング分野へと変えています。


Seminar

Presentator : Louise Rafty, Ph.D (Sales Director, DNA2.0 Inc)

Date: December 6 (Tue), 2011 15:00-
   at Staff Lobby, 2F Basic Medicine Education & Research bldg.

Summary

Production of proteins as therapeutic agents, research reagents and molecular tools frequently depends on expression in heterologous hosts. Synthetic genes are increas-ingly used for protein production because sequence information is easier to obtain than the corresponding physical DNA. Protein‐coding sequences are commonly re‐designed to enhance expression, but there are no experimentally supported design principles. This seminar addresses the recent development of novel gene redesign al-gorithms to ensure the synthetic genes encode high protein expression levels. Break-through research by DNA2.0, funded by NSF, has identified the design principles by which codons are used to maximize protein expression. The surprising results were recently published in PLoS ONE 4(9): e7002. Based on the results, DNA2.0 has cre-ated a set of design algorithms that offer the researcher synthetic genes with greater expression yields. The novel DNA2.0 algorithms are based on experimental data from highly over‐expressed synthetic genes; not on what is merely inferred that E. coli might do with its own genes, based on looking at natural sequences. DNA2.0 has now developed algorithms for optimizing expression in E.coli, Yeast, Mammalian, Fungus and Plant hosts. DNA2.0 (www.DNA20.com) is the leading synthetic ge-nomics company and the fastest provider of synthetic genes, based in the US with a global customer base encompassing industry, academia, and government.. DNA2.0 has provided genes to thousands of customers, for whom it has synthesized many millions of base pairs. The tools and applications brought to market by DNA2.0 are transforming biology into an engineering discipline.

www.DNA20.com


このセミナーは大学院の講義(実習・演習系)として認定されています。


前へ 先頭へ
Copyright (C) Central Research Laboratory. All right reserved.since 1996/2/1

Last Updated 2011/11/30