TOPページに戻るサイト内を検索するサイトマップリンク
機器部門RI部門配置図セミナー産学連携学内向け
過去のセミナー支援センターセミナー支援センター特別講習会支援センターテクニカルセミナー支援センター交流会

第80回支援センターテクニカルセミナー


多重染色試薬・画像解析ソフトの紹介
〜免疫組織化学の新アプローチ〜

セミナー

日 時:平成27年3月25日(水)15:00〜16:00

演 者:株式会社パーキンエルマージャパン

場 所:基礎研究棟2階 教職員ロビー

概 要

 OPALは、複数のマウスモノクロ抗体で組織切片の同時多重染色が可能な免疫組織化学の新アプローチです。使用する抗体の選択肢を広げ、正確な細胞フェノタイピングが可能で、微弱シグナルの検出も可能となります。

 抗体の組み合わせに自由を与えます。 Single Specie Multiplexing!

 また、組織切片の定量的な画像解析を実現した組織イメージ解析ソフトウェアのご紹介もさせて頂きます。組織マイクロアレイや染色組織切片・蛍光免疫染色組織切片の定量解析に対応します。客観的な解析により、高い再現性を実現します。


このセミナーは大学院の講義(実習・演習系)として認定されています。

前へ 先頭へ
Copyright (C) Central Research Laboratory. All right reserved.since 1996/2/1

Last Updated 2015/3/10